大川直人写真展
GOOD TIME MUSIC 音楽の仕事40年の軌跡

80s、90sを駆け抜けた、
アーティストたちの“リアル”が今、ここに。

90点を超える写真の数々は全てアナログで撮られ、現在と違いCG合成、修正等一切なしの一発撮りである。
輝いていたあの時代の“音楽”が鮮明に蘇る。

2022年8月6日(土)~8月11日(木)
成増アートギャラリー
平日・土日祝:10:00~19:00
※最終日のみ17:00閉場
東京都板橋区成増3-13-1 アリエス3F
TEL:03-3977-6061
8月17日(水)~8月22日(月)
品川区民ギャラリー
開場10:00~19:00/初日は14:00開場
※最終日は17:00閉場
東京都品川区大井1-3-6
(イトーヨーカドー大井町店8F)
TEL:03-3774-5151
9月21日(水)~9月25日(日)
埼玉県川口市立アートギャラリー・アトリア
開場10:00~18:00/初日は13:00開場
※最終日は15:00閉場
埼玉県川口市並木元町1-76
TEL:048-253-0222
9月30日(金)~10月4日(火)
台東区立浅草公会堂1階展示ホール
開場10:00~18:00/初日は13:00開場
※最終日は15:00閉場
東京都台東区浅草1-38-6
TEL:03-3844-7491
11月29日(火)~12 月 4日(日)
世田谷美術館区民ギャラリーB
開場10:00~18:00/初日は14:00開場
※最終日は15:00閉場
東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
12月5日(月)~12月11日(日)
浦安市民プラザWAVE101
市民ギャラリー3
開場10:00~20:00/初日は13:00開場
※最終日は18:00閉場
※12月7日は休館日
千葉県浦安市入船1-4-1イオンスタイル4F
TEL:047-350-3101
12月21日(水)~25日(日)
三鷹市芸術文化センター第4展示室
開場10:00~19:00/初日は13時開場
※最終日は18:00閉場
東京都三鷹市上連雀6-12-14
TEL:0422-47-9100

入場料:2,000円(TAX IN)図録付

前売りチケットは産経IDと、写真展事務局Twitterのnoteで購入できます。
●産経ID
https://id.sankei.jp/sp/
●Twitter前売り情報
https://ogtmo.base.shop/

●チケットに関するお知らせ

各会場には事前に前売り券が無くても当日受付で現金で入場料支払いで入れます。

【前売り券をご購入された方】

前売りチケットには3会場の表記がされております。
前売りチケットはどちらの会場でも展示会開催期間中であれば有効です。

■これまでの展示(※終了しました)

2022年4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)
富士フォトギャラリー銀座
平日:10:30~19:00/土日祝:11:00~17:00
※最終日のみ13:00閉場
東京都中央区銀座1丁目2-4 サクセス銀座ファーストビル4F
TEL:03-3538-9822
2022年5月31日(火)~6月12日(日)
神奈川県民ホール 第1展示室
平日・土日祝:10:00~18:00
※最終日のみ15:00閉場
神奈川県横浜市中区山下町3-1
TEL:045-662-5901

TOPICS

8月6日(土)~11日(木・祝)
成増アートギャラリー会場開催間近になりました!
いよいよ大川直人生誕の地、成増での写真展開催が迫ってまいりました!
コロナ感染拡大防止対策を徹底して、皆様のご来場をお待ち申し上げます!
成増会場では、銀座、横浜で展示していないサプライズ展示もあります!
下記のスケジュールでトーク&サイン会も実施いたします。
是非会場に足をお運びください!

<トーク&サイン会>

参加無料・申込不要(要展示入場料)
※サイン会参加ご希望の方には整理券を配布します。サインは整理券の番号順になります。

成増アートギャラリー
●8月6日(土)
クリス智子さん
15時〜

●8月7日(日)
五十嵐はるみさん
1回目13時〜
2回目17時〜

●8月8日(月)※Pati-Patiの日
松岡英明さん
17時30分〜

●8月9日(火)
音楽評論家 藤井徹貫さん
17時30分〜

●8月10日(水)
小説家 樋口毅宏さん
17時30分〜

連日ステキなゲストと大川直人の撮影裏話を交えた楽しいトークショーを準備して皆様のお越しをお待ちしております。

大川直人オリジナル・ポートレイト

ドリカムがデビューした1989年。
音楽雑誌がノリに乗っていた時代。
アーティストのインタビューで発せられる言葉にみなが心躍らせ、
アーティストのグラビアはファッショントレンドを左右し、
時代の最先端を写すものであった。

そんな時代のトップ・カメラマンが大川直人さんだ。

どれだけの数の作品が表紙やCDジャケットを飾ったことか。
口数少なく淡々と撮影する仕事人。
しかし、被写体に対する情熱と、
その魅力を最大限に引き出す眼力とセンスは
今こうして膨大な作品を見返してもずば抜けている。

記憶は音楽とともにと言われるけれど
大川さんの作品からはキラキラしていた
当時の音楽が洪水のように溢れ出す。

ドリカムにとって、アーティスト達にとって、
音楽ファンにとって、大川さんは最初から、
そして2022年の今も「巨匠」なのだ。

DREAMS COME TRUE
中村正人

ARTIST CONTENTS

aiko/安室奈美恵/鮎川誠/安藤秀樹/五十嵐はるみ/石井竜也/いまみちともたか/忌野清志郎/UGUISS/宇都宮 隆/EXILE/江口洋介/大江千里/大澤誉志幸/岡野昭仁/岡村靖幸/岡村孝子/奥田民生/尾崎豊/尾崎裕哉/小野リサ/GAO/GACKT/KAN/岸田繁/吉川晃司/木根尚登/GINTE2/草野マサムネ/久保田利伸/GLAY/桑田佳祐/郷ひろみ/甲本ヒロト/coba/小林克也/小室哲哉/米米CLUB/斉藤和義/サンプラザ中野くん/佐野元春/佐橋佳幸/シーナ/シャ乱Q/新藤晴一/JunSky Walker(S)/杉真理/鈴木雅之/THE STREET SLIDERS/THE TIMERS/高橋幸宏/竹内まりや/立花ハジメ/谷山浩子+ROLLY/辻 仁成/土屋昌巳/CHAGE&ASKA/チェッカーズ/TM NETWORK/DEEN/トータス松本/DREAMS COME TRUE/NOKKO/HYDE/BARBEE BOYS/BUCK-TICK/浜崎貴司/HIS/氷室京介/藤井フミヤ/ブレット&バター/BO GUMBOS/細野晴臣/槇原敬之/松岡英明/松たか子/松任谷由実/森高千里/森山直太朗/THE MODS/山崎まさよし/山下達郎/山本恭司/山本美絵/憂歌団/遊佐未森/吉井和哉/渡辺美里/渡辺満里奈
【五十音順、敬称略】

大川直人 Naoto Ohkawa PROFILE

東京都城北地区出身。
ラジオの深夜放送でフォーク好きになり、中学生ながら忌野清志郎や古井戸などの野音ライブをステージ前で撮影(当時はコンサートの警備体制はなく撮影可)。中2で、はっぴいえんど「風街ろまん」にやられる。

映像の学校でATGプロデューサー葛井欣士郎さんに師事。映画、演劇の写真を撮りながら映画のカメラマン志望であった。大物女優さんに25歳でフリーになれと言われ本気にする。1982年、フリーカメラマンに。EPICソニー創生期よりレコードジャケットの撮影を始める。

1988年、大川直人写真事務所設立。レコードジャケットやPV、音楽雑誌で多くのミュージシャンと仕事をする。
1997年、代官山にプライベートスタジオをオープン。ファッション、広告、CFの仕事、河合正人との共著「FLOWERS」「JAPANESE DANDY 」「JAPANESE DANDY MONOCHROME」を撮影する。

2019年、世田谷区赤堤に自然光スタジオオープン。
2020年、ラジコン好きからドローン撮影始める。

《作品集》「WONDER WHEEL」「FLOWERS」「JAPANESE DANDY」「JAPANESE DANDY MONOCHROME」
《個展》 1984年「WONDER WHEEL」1986年「AFTER HOURS」2022年「GOOD TIME MUSIC」